職場 人間関係 憂鬱

職場での悩みで憂鬱になっているあなたへ

スポンサーリンク

人間って誰一人同じ人間っていませんよね。それが面白いところでもあり、難しいところでもあります。
職場での人間関係でうまく馴染める人もいれば、コミュニケーションが苦手な人も必ずいます。
職場での仕事や人間関係がうまくいかずに憂鬱になっていませんか。
仕事が始まる前日の夜には、一番憂鬱な時間になってきます。「仕事に行きたくないなー」となってそのまま翌日になってしまい、また仕事が始まり、またストレスが溜まる。
と言った具合に、負の連鎖が起こってしまいます。こうなったサイクルを止めることは難しいのです。ストレスを溜めすぎると鬱病の原因になってしまいます。

 

仕事とは、一日の中で、就寝時間と一緒くらいの時間を要します。ということは、一日24時間なので、8時間労働だと3分の1ということになります。
定年まで働くとなると、人生の3分の1が仕事で埋まってしまいます。その仕事で憂鬱になるということは、とてもつらいことですよね。

スポンサーリンク

仕事が憂鬱な人に見られる特徴としては、真面目で、内向的な人が多いです。例えば仕事でミスした時でも、人によって、捉え方が全然違ってきます。
全く気にしないという人もいれば、次に活かそうと向上していける人、ものすごく落ち込んでしまう人、様々です。
ものすごく落ち込んでしまう人は憂鬱になりがちなので、仕事に対する考え方を変えていくのが、一番いい処方箋となります。
<割りきって考える癖をつける>
いつまでも好き嫌いで物事を判断していては自分自身が一喜一憂してしまい、疲れてしまいます。何をするにも、一歩引いてみて自分を客観的に見ることができるといいです。

 

客観的にみれると、自分はなんでこんなつまらないことで落ち込んでいるんだろうと、思えます。いつも冷静に、感情は二の次にして、ロボットにのように仕事をしていくと、案外物事も単純に割りきって考えることができますよ。

 

人生の長い時間仕事をしていくわけですから、憂鬱になるのは非常にもったいなくて、悲しいことなので、ぜひ割りきって考えてみる工夫をしてみてください。スポンサーリンク