職場 ストレス 不妊

職場でのストレスと不妊の関係性とは

スポンサーリンク

人間は大人になっていく過程で一番大きな出来事となるのが就職することです、男性でも女性でも関係なく、就職して働いていく世の中です。

 

そして就職してからの出来事といえば恋人ができて結婚して子供ができるといった流れが一般的だと言えます。

 

その中で女性は妊娠、出産と言ったプロセスがあります。妊娠というのはすべてのタイミングがそろってのことなので、とても神秘的で、奇跡的なことです。

 

しかし近年では職場でのストレスが不妊の原因という意見も上がってきています。職場での劣悪な環境や、イジメなどでストレスがたまっている女性もおおいです。一概にストレスが不妊の原因と断言はできませんが、少なからず影響は出てくるので、どういった影響があるのか下記に記しましたので見て行きましょう。

 

 

<ストレスの影響>
女性ホルモンのバランスがストレスによって乱れてしまうことによって、不妊に影響してきます。女性ホルモンが低下してしまうことによって、肌が荒れてしまったり、ニキビが増えてしまうことがあります。

 

そしてストレスにより、ホルモンのバランスが崩れてしまうと免疫力が低下してしまうので、体調が優れなかったり、風をひきやすくなります。

 

また生理周期が乱れてしまいますので、生理が遅れてしまったり、生理が止まることもあります。ストレスによって多くの影響が生じて、不妊につながっている可能性があります。

スポンサーリンク

 

不妊はストレスによるものと断言はできませんが、ストレスを受け続けること自体は良くないので、ストレスに対して回避していくように行動しましょう。

 

 

<会社を退職する>
職場のストレスが大きい場合は会社を退職するという選択肢があります。妊娠を切望しているのであればご主人に正直に話して理解してもらうようにしましょう。

 

ここでは夫婦間の協力がカギなので、お互いを思いやって、退職する場合はご主人を支えてあげましょう。

 

人間はだれでも毎日ストレスは感じているものです。ストレスを軽減しようとするあまりそれがストレスになってしまう可能性もありますので、まずは人間はストレスを感じる生き物なんだということを受け入れて、その上でストレスと上手く付き合っていくことも重要です。

スポンサーリンク