職場 人間関係 うまくいくコツ

職場に上手に馴染むコツとは

スポンサーリンク

職場の人間観家の悩みって尽きないもの。

 

仕事にはやりがいや、仕事内容ももちろん重要だけど、仕事をしていく上で人間関係って一番重要な部分でもあります。
しかし一つの会社に入社する前にその会社の人とは人事の採用担当者の人以外関わることができません。

 

つまり人間関係は入社してから構築していくしかないのです。人間関係をうまく行かせるためには最初が一番肝心です。

 

ここでは会社に入社して様子を見ながらうまく馴染んでいけるコツを紹介していきたいと思います。

 

 

<遅刻しないこと>
会社に入りたての人が、遅刻するのは、絶対にいけません。そこで一気に印象が下がってしまいます。一番好ましいのは先輩よりもはやく出勤して、いつでも仕事が開始できるよう準備をしておくことです。
もし仮に遅刻してしまった場合は、職場まで全力で走り、言い訳をせずに素直に謝りましょう。そしてその日は遅刻の汚名を返上するんだという気持ちで、普段より一生懸命仕事しましょう。

スポンサーリンク

 

<指示される前にやっておく>
ある程度日にちが経てば、仕事の要領もつかめてきますよね。次はこの仕事を頼まれるだろうなという予測がたてられますので、先にやっておくと「もう済ませておきました」「仕事がはやいね!」と仕事ができる印象を与えられます。指示をただ待つだけではなく、自分にできることを何か探して行動することで評価が上がります。

 

<ミスをした時>
なれない仕事でミスすることもあると思います。その時も素直に謝って次は絶対同じミスはしないぞという気概を見せることが重要です。ミスした時こ自分が成長できるチャンスなので、真摯に受け止め、次に活かしていきましょう。

 

 

<会話で馴染む方法>
会社に入りたての頃は、先輩社員もあなたがどんな人であるか伺っています。いきなり馴れ馴れしくするのは絶対やめましょう。

 

たとえ年下であっても会社では先輩になりますので、最初は敬語を使いましょう。人間は心の距離が近くない人に馴れ馴れしくされると非常に嫌な気持ちになります。

 

まずは自分の話ばかりせず、相手の会話に合わせるようにしましょう。仕事をこなして毎日のように会っていると自然と仲は深まっていくものです。

 

 

「仕事を一生懸命やる人」「謙虚な人」は必ず会社で馴染むことができますので、ぜひ実践してみてください。

スポンサーリンク

職場に上手に馴染むコツとは