職場 部下 うまくいかない 対処法

職場の部下とうまくいかない時の対処法は、視点を変えるです

スポンサーリンク

職場における役職は、仕事を主な場面としながらも、人の管理に対しても責任を負う場合があります。
時として、人間関係に問題をもつという場面もあります。
 職場の部下との関係性がうまくいかない場合もあります。
対処法は、ケースバイケース、相手や場面によるともいえます。
例えば、部下が仕事で会社に貢献するよりも、プライベートな時間の行動に重点を置いている場合です。
上司にしてみると、仕事での結果を出してほしいという場合もあります。
人員管理という点においても、また自分が上司となって全体で仕事の結果を出すという面でも、悩みになる事があります。
 この様なうまくいかない場面の対処法は、一度部下のプライベートを共にしてみて、次の日や即日中に、仕事で成果を上げる姿を見せるなどもやり方の一つです。
特に相手が若い年代の場合には、普段のライフスタイルを理解するなども必要になります。
注意を与えるだけでなく、自分も一緒に体験する事で、共通意識に繋がり、仕事でも反映される場合があります。
スポンサーリンク

 職場の部下とうまくいかないケースとして、『ほうれんそう』がなされずに、コミュニケーションもとれず、良い結果を逃す事が多いなどの場合もあります。
ほうれんそうは、報告・連絡・相談といわれる基本的な内容ですが、仕事を円滑に進めるためには非常に大切なポイントになる部分でもあります。
この場合には、結局のところ上司とのコミュニケーションができていない事になります。
対処法としては、上司に報告などができる雰囲気づくりが必要にもなります。
 部下にしてみると、上司が話し難い相手になっているケースもあります。
まだ余り接触していない様な、若い相手であれば、注意を促しながら、仕事のやり方として、ほうれんそうの必要性を説く事もできます。
どうしても行動に反映されない場合には、個人でイライラしてしまうよりも、会社全体の利益の損失、ほうれんそうを惰った自分への影響なども、理解できる様に説明する様にします。
部下自身への具体性・関係性を述べる事で、内部変革がおきる可能性があります。
 上司も人間ですので、ついその場の怒りの感情などを表現してしまう場合もあります。
しかし、今後の結果に繋げる事も重要になりますので、一旦自分の感情から離れて、会社としての大枠で視点を省みる事も必要なのです。
スポンサーリンク