職場 部下 うまくいかない

職場の部下とうまくいかない原因は、変えれない事実も存在します

スポンサーリンク

会社である程度の経験を重ねると、役職が付く様になり、上司としての立場で人員を管理するという役割も担う事があります。
場合によっては、自分の仕事に加えて、人員の管理までを負うため、忙しさに拍車がかかるというケースもあります。
 職場の部下との関係がうまくいかない、という悩みをもつ中間管理職も多く見られます。
原因として、世代間のギャップを挙げる人もいます。
年齢による差については、ある意味絶対的なものであると考える事ができます。
年齢の差は変える事ができません。
そこを埋めたいという思いをもっているなら、上司側から歩み寄る事もできます。
無理に合わせると、その場で空回りしてしまう場合もあります。
話題づくりのために、やはり情報を収集しておき、いつでも共通したテーマでコミュニケーションが図れる様にするなどが行えます。
 年代が違うと、教育であったり、ライフスタイルなども違うケースはあります。
年代が違うという原因が考えられる場合には、職場の様々な場面を通じて、部下に少し自分から歩み寄るのも工夫の一つです。
スポンサーリンク

 職場の部下とうまくいかない原因が、上司から見て、部下の仕事への姿勢による結果の悪さにある、というケースもあります。
特に20代の若い人の中には、職場であっても基本的なマナーができていない、基本知識も足りていない、と上司から感じる事があります。
例えば、取引先との会話において、非常識な会話をしたり、態度などをとってしまう場合には、仕事への影響を考えて、上司の頭を非常に悩ますというケースがあります。
この様な場面が重なると、関係もうまくいかないと嘆く場面に繋がります。
 ここでは、原因が部下の仕事に関する内容になりますので、うまくいかない関係に悩むよりも、仕事を通じて一度自分の背の高さを低く合わせる必要もあります。
つまり、仕事で見本を見せる、敢えて一緒に仕事をする機会を作り、緩急をつけた指導が効果を奏す場合があるという事になります。
はじめの内は、指導や注意点が目立つ場合もあります。
しかし、進行していくに連れてクリアできる部分もできてきますので、褒めてチーム力を高めていく様にする事が可能になります。
上司として、歩調を部下に合わせながら、半歩先を行く指導も対処の一つになります。
スポンサーリンク