職場 上司 うまくいかない 原因

職場の上司とうまくいかない原因によって、対処ができます

スポンサーリンク

毎日仕事をする必要性がある会社では、仕事以外にも、人間関係で悩みをもつというケースが様々にあります。
そのままに放置して済ませる事ができる場合、歩み寄りが必要な場合など、対処方法を考慮すべきケースもあります。
 職場の上司とうまくいかないという声は、よく聞かれる内容です。
原因によっては、対処法を変えて対応する工夫も必要になってきます。
例えば、新しく赴任してきた上司とうまくいかないという事例があります。
事ある毎に衝突してしまう、きっかけや原因がどこにあるのかわからないが、ソリが合わないという場合です。
寄れば触ればという状態のため、挨拶も交わさなくなる事もあります。
 この様な場合には、一応職場の基本マナーなども考えてみて、おもいきって下の人間から朝の挨拶で声をかけてみる方法もあります。
普段ソリが合わないという気持ちは、相手ももっている、感じている可能性があります。
挨拶された事にまずは、相手も驚く事になります。
そこからが、スタートになるといえます。
接触する機会は、作ろうと思えば、ちょっとした休憩時間などにお茶やコーヒーを差し入れしてあげるなども可能な方法です。
互いの距離が遠かった状態を、短くする様なアプローチを暫く重ねていくと、関係性が良い方向に転換される場合があります。
スポンサーリンク

 職場の上司とうまくいかない原因が、もし部下からしてみても、仕事の進捗状況等にあるとすれば、仕事で挽回するという試みができます。
必ずしも、売上などの数字に拘るよりも、失敗を少なくする様に心がける、営業に一緒に同行する際には、先を読んだ行動をするなどです。
これは、仕事の中で結果に結び付くというよりは、部下が態度を改めて、仕事に向かう姿勢を実行しながら示す事が重要なポイントになります。
 職場は、仕事をする場所でもありますが、周囲を見ながら歩調を合わせるという場面も多く存在しています。
近い距離にいる人の行動、仕事への姿勢が変わると、上司などはそれに気付き易い立場にいる人ですので、気持ちも伝わるという事になります。
 上司とうまくいかない原因がいずれにあったとしても、仕事を中心にしながら、周囲への気遣いを忘れるべきではありません。
余りに自己に重きを置いて行動する、自己中心的な視線をもつと、そこをきっかけにして、人間関係のバランスも崩れるという場合があるのです。
スポンサーリンク