職場のコミュニケーションの問題点 見つけ方

職場のコミュニケーションの問題点の見つけ方は相手を中心に見ます

スポンサーリンク

職場では、任された任務の遂行のため、仕事に集中する事になります。
加えて、職場には周囲に人も存在して、互いに仕事を通じた関係性が形成される場合があります。
 中には、職場のコミュニケーションの問題点を感じている人もあり、原因を探る必要があるケースも存在します。
職場のコミュニケーションの問題点の見つけ方は、一つには、人の反応を見る事が挙げられます。
コミュニケーションですので、一人の、あるいは複数の相手との会話になります。
自分が話題を振る事もあれば、相手からキーワードが投げられる場面もあります。
 例えば自分が話題を振った時に、違う相手でも同じ様な反応を得る時があります。
相手が楽しそうに会話を継続するか、あるいは不機嫌そうに、気まずそうにしているかなど、反応が出るはずです。
自分からはどうという事のない内容を取り扱ったとしても、その場には相応しくない話題などもあります。
自分の振った話題に問題がある、あるいは自分の言い方に問題があるなどが見えてきます。
問題点の見つけ方は、会話の相手から見つかる場合があります。
 スポンサーリンク

 職場のコミュニケーションの問題点は、話す人の自己中心的な考え方が原因になっている場合もあります。
職場の場合には、上司と部下という関係性が存在するのが一般的です。
部下にしてみると、職場では仕事についても上司から指令が出る事はよくあります。
更に、世間話などの一般的な会話についても話す機会があります。
上司からしてみると、ごく普通の場面と思いがちですが、部下にとっては『またか』になっている場合もあるものです。
 職場のコミュニケーションの問題点は、見つけ方として、部下の態度などを見るのも一つの方法です。
仕事、その他の事で話した内容が、部下の態度に中々反映されないという場合があります。
話を聞く態度は見ていても、結局こころまで話の内容が響いていないという事です。
この様な場合には、自分中心の見方による会話でなく、例えばわかり易い具体例を列挙したり、相手が自分から発言できる工夫も必要になります。
 コミュニケーションは、相手との会話のキャッチボール、あるいはこころや気持ちのキャッチボールと考える事が大切です。
問題点の見つけ方は、相手の気持ちを推し量るところから見つかる事があります。
スポンサーリンク