職場 臭い人 対応 仕方

職場にいる臭い人への対応の仕方

スポンサーリンク

セクハラやモラハラなどに続き、今はスメハラという言葉まで出てくるようになりました。
このスメハラというのはスメルハラスメントの略でありニオイによって他人を苦しめる行為という意味になります。
ニオイというのは様々なものがあり、よくあるワキガや体臭、加齢臭、口臭などの体から出るものもあれば、香水などをつけすぎることで臭うこともあります。
職場においてこの臭い人への対応の仕方を考え、適切な対処する方法を考えましょう。
臭い人は自分から出るニオイに対して自分で臭いと気付かない人がほとんどです。
そしてこの気付かない事こそが周りが気を使って注意できなかったりして、そのままにされる要因だといえます。
自分が臭いと言われたら傷つきます。
そしてそれは他人を注意することでその人も傷つくだろうから言えないので我慢するという無駄な優しさを見せます。
まず簡単な事からいうと香水をつけすぎている人には臭いと注意できます。
何故なら臭い原因はその人の体ではなく香水という液体が原因だからです。
しかしはっきり言って臭いものは臭いというのが本音ですから、それが体から発せられようが本人に臭いというのは伝えるべきなのです。
これはその臭い人の為であり、周りの為でもあるのです。
それでニオイで苦しむことがなければ安いものです。
職場は本来快適である場所なはずです。
思い切って注意するのが一番の早道だという事をわかってください。
スポンサーリンク

どうしても直接本人に言えない時の良い対応の仕方はどのような手段があるのでしょか。
まず職場において、迷惑であるのであれば上司に相談して対応してもらうのが一つの手です。
上司を使う手は有効で、上司から指摘されれば改善の期待も出来ます。
自分の手を汚さずに改善できる方法です。
または回りくどく気付かせるものも一つです。
例えば、体臭などが気になれば制汗剤を貸しましょうかと尋ねてみたり、口臭がきつければガムなどを渡したりするのも一つの手です。
これは本人が自分が臭いと気付くこともありますし、直接注意していないので相手も傷つこともありません。
これは大人の対応の仕方だと思います。
的をはずして本心をつくやり方もあります。
例えば「シャンプーを変えたのですか、ちょっとくさいですね」などと言ったように変えた変えていないにかかわらず、ニオイというキーワードを相手に気付かせるためにする方法もあります。
この方法も直接本人に言っているものの臭い原因はシャンプーだとずらしているので本人もシャンプーのせいにして自分のニオイの臭さに気付かせることができます。
様々な方法を紹介しましたが、我慢をせず整った環境で仕事をすることが効率のよい仕事と成果に結びつくことが出来るので臭いニオイにつまづかないように対処しましょう。
スポンサーリンク