職場 過呼吸 原因 ストレス

職場のストレスが原因の過呼吸

スポンサーリンク

近年、職場でのストレスが原因でうつ病を発症してしまう人が増えています。
原因は様々ですが、限られた環境の中で人間関係が上手くいかずに悩んでいる人が多いです。
また能力以上の仕事をかせられたり規定以上の残業をさせられたりといったブラック企業も問題視されています。
そうした長期的なストレスからうつ病や過呼吸といった精神病を発症したり、不眠や体の変調または過労死に繋がったりする恐れがありますので注意が必要です。
気分の落ち込みや疲れは日常的に誰もが経験する事で、休憩をしたり気分転換をする事で改善されます。
しかし症状が改善されずに継続して2週間以上続くようであれば、病院やクリニックの精神科や心療内科を受診すると良いです。
自分では気づかず無理して受診が遅れる場合もあるので、周りにいる家族が変化に気づいて受診を促す事も大事です。
病状を改善するにはストレスを排除する事が最適ですが、ストレスの自覚症状がない人もいます。
スポンサーリンク

また職場でのストレスが原因ですと、なかなか環境は変える事が難しくなります。
しかし上司に相談して仕事の負担を減らしてもらう事も大事です。
うつ病や過呼吸には向精神薬といった神経伝達を調整する薬が処方されます。
最初は少ない量で服用し、定期的に通院をして経過を診て量を増減していきます。
過呼吸は突然息が荒くなり、胸が苦しくなる状態になります。
心臓病と間違われる事がありますが、主に呼吸が浅くなり酸素を吸いすぎる事で起こる症状です。
ただし症状が重いと体が硬直して意識を失ってしまい倒れてしまう事があります。
その拍子に頭を打ったり怪我をしてしまう恐れがあるので注意が必要です。
過呼吸の症状が現れたら袋を口元に充てて、自分の吐いた息を再度吸う事で二酸化炭素を上手に取り入れる事ができます。
そうする事で症状を抑える事ができます。
症状が重く働く事が難しくなった場合は、長期休養を取得したり職場に相談して理解してもらう事も大事です。
スポンサーリンク