職場 人間関係 良くする おまじない

職場での人間関係を良くするための心得 おまじないその3

スポンサーリンク

職場での人間関係を良くするためには、とくに大切な時期というものがあります。
それは入社したてや転職したばかりの時が一番重要なのです。
まずは自分の立ち位置を理解しましょう。
年齢がいくつであっても、一番の新人ですから、そのことを肝に命じることが重要です。
そういう考えになっていましたら、職場にいる人はみんな上司に当たりますから、謙虚な姿勢で接することが重要になってきます。

 

その中でも重要なのが、出勤時間です。出勤時間は必ず先輩よりも早く出社するように心がけましょう。何もわからない状態から指導してもらう立場なので、いつでも指導をしてもらえる状態になっておくことで上司の人にこいつはやる気があるなというふうな印象をあたえることができます。

 

新人に指導するというのはとても大変で労力のいることなのです。もう仕事に取り掛かろうとしているのにギリギリに出社して、「今日何すればいいですか」と来られても教える気にはなりませんよね。
教える側の心境も理解しておく必要があります。

スポンサーリンク

一人前に育ててもらうまでにはやはり上司の人にわからないことは指導してもらう必要があります。
その中でも「やる気」そして「成長」これが最も重要になっていきます。
仕事がどうしても効率が悪くてうまくできない人でも、やる気を見せることを怠っては行けません。上司は、仕事ができる、できないと同じくらいあなたという人間性を見ています。
仕事ができなくてもやる気を見せていれば何度でも教えてやろうろいう気持ちになります。
そして成長ということですが、やはりいつまでも同じことを言われているようでは、成長は感じられません。
いつもどのように指導してもらうのかだけではなく、周りの人がどのように効率よく仕事をしているかどうかというのを見ていく必要があります。
そうしていくことでなんとなく大体の流れがわかってくるはずです。
そうやって成長をしていくことで、上司から次は何を言われるなということもわかってくるはずです。「もうやっておきました」ということになれば「仕事がはやいね」と一目置かれるようになってきます。

 

ただ指示を待つだけでなく、冷静に周りを見て、積極的に行動していくことで、周りからも一目置かれて職場にもすぐに馴染めていくことができます。

スポンサーリンク