職場 人間関係 距離

上手に職場に馴染むためには、距離をおいてみよう

スポンサーリンク

職場内の人間関係をうまく付き合っていくためには、絶妙な距離感を保つことが大切です。

 

仲良くなろうと必要以上に干渉したり、話しかけたり。逆にあまりにも一匹狼すぎるのもよくありません。

 

絶妙な距離の保ち方とは「職場一人ひとりの人間に合わせる」ことなのです。これ以外に距離を図る方法はありません。

 

具体的にどうすればいいのかみていきましょう。

 

 

<相手主体で行動する>
考え方としてこれが一番大切です。自分主体での言動は、自分発信になります。ということは相手が嫌であるかどうかが読み取れないです。

 

常にこちら側が様子を伺いながら接していくことが大切なのです。時には「彼女とかいるんですか」と軽いジャブをいれて反応を観察することもすごく重要です。

 

 

<なにかお断りをするときのやりかた>
休日に飲み会やスポーツなどに誘われた場合が、行きたければ積極的に参加してももちろんいいですが、どうしても行きたくない時は断り方が重要になってきます。

スポンサーリンク

誘ってきたほうが、「それなら仕方ないな」と思うような理由をいくつも考えておくのがいいでしょう。
たとえば
・友達と約束があります。
・実家に帰る用事があります。
などです。

 

ここで注意しなければならないのが、嘘だとばれないことです。急に誘われて、その場で言い訳を探しているような素振りは絶対にばれますので気をつけてください。

 

 

<自分から発言しない>
自分から発言せず、しかし仕事はきっちりとやるようにこころがけると、適度な距離感を保つことができます。

 

仕事が出来る人が嫌われることは少ないので、話しかけるなオーラを出していない限り、向こうから話しかけてきます。そのことに対して普通に世間話を返していけばいいのです。

 

 

いかかでしょうか。普通になんのへんてつもないような事柄ですが、これを実行することで距離感を必ず保つ事ができ、職場での人間関係は円滑になるでしょう。

 

「来る者拒まず、去る者追わず」の考え方を念頭において行動していきましょう。

スポンサーリンク