職場 ストレス 教師

教職員がストレスを溜めない方法

スポンサーリンク

教職員、学校の先生とは日々の業務に加えて、生徒や親御さんと接していかなければならない非常にストレスがおおく溜まる職業です。

 

あまりのストレスでノイローゼになってしまう教師がたくさんいるように、定年まで教師を続けるとしたら、上手くストレスと付き合っていかないと、やっていけません。

 

ストレスとは、自分が嫌だと感じることを言われたり、しなければならない時に発生します。

 

生徒を指導していくなかでゆうことを聞かない生徒もたくさんいます。保護者の揉め事も解決しないといけない、部活動での指導。

 

このように膨大な仕事量であるとともに、プライベートはでも見られている可能性が高いのですぐに噂になってしまいます。
ストレスの要素が限りなくあります。

 

そのストレスが爆発してしまうと体調を崩してしまってノイローゼになる教師が急増しているのです。

スポンサーリンク

 

そんな病気にならないために、ストレスを溜めないまたはストレスがたまった時の対処法を見て行きましょう。

 

 

<休日は教師の仕事をわすれる>
日々の激務で疲れきってしまっている人は、休日は仕事のことを忘れて思いっきり遊びましょう。

 

趣味を楽しむのもよし、朝からお酒を飲むのもよしです。休日で気分をスッキリリフレッシュしてまた仕事に臨みましょう。

 

 

<仕事を楽しむ>
これは発想の転換をして、仕事を楽しくする工夫をするべきです。ほとんどの業務がストレスの溜まるようなことかもしれませんが、発想の転換をしないと体が持ちません。

 

どうしたら学級がもっと良くなるのか。生徒に楽しんでもらえるかを考えて仕事をするようにすると、また違った気持ちで仕事に取り組むことができます。

 

そしてその仕事を達成した時はとてもやりがいを感じるものとなるでしょう。

 

 

 

<ある程度大雑把に仕事をする>
日々の業務で細かく指導案をつくったりするとそれだけで疲れてしまいます。生徒と教師は人間同士なので、最善を尽くすことはもちろんですが、

 

人間なので本当の正解はありません。とある程度気持ちを割り切ることでストレスも軽減されるはずです。

スポンサーリンク