職場 ストレス 残業

ストレスの原因の残業を減らすためにするべきこと

スポンサーリンク

過度な残業時間で、プライベートの時間も少なく、休みの日も疲れて寝てしまっている人も多くいらっしゃると思います。

 

ストレスの原因である残業を減らすためには、まず意識や考え方を改革していかなければいけません。

 

残業に対して人によっていろんな考え方があると思います。残業代がつくにのなら別に構わないとか、サービス残業は絶対にしたくないという人もいると思います。

 

職場の環境によって就業形態はそれぞれ違いますが、残業をしたくないとい不満をこぼすだけでなく、「残業を減らすためにはどうすればいいのか」
という考えをまず持つことが非常に大切なのです。

 

このことに重点をおくと仕事にたいする行動が変わってきます。そして常に仕事を効率よく終わらせることを考えますので、アイデアもひらめきやすくなります。

 

<優先順位を確認する>
仕事をしている人で、ご家族を持っている方も多数いらっしることと思います。

スポンサーリンク

多くの人は生活のために仕事が第一優先になっていますが、家庭をかえりみず仕事ばかりで病気になったり、家族の時間がとれなくなってしまうと、本末転倒です。

 

一番大切なのは家庭ですので、そのことを念頭において仕事をしていくとより残業をしないように工夫して仕事ができるはずです。

 

 

<ストレスを原動力にする>
日々いろいろな業務に追われて、ストレスがたまっていると思います。人間関係や、理不尽なクレーム対応、いろんな苦痛があると思いますが、その上で更に残業をするのは非常に酷な話です。

 

しかしそのストレスを逆に原動力として「絶対に残業をしたくない」という気持ちをで仕事に取り組んでいけば驚くほどの集中力を発揮することができます。

 

<付き合いの残業をしない>
他の社員が頑張って残業している中、一人だけ帰るのが申し訳なくる人もいると思います。多くの職場はそういう風習がありますし、あいつだけ先に返ってと思われる可能性もあります。

 

しかし自分の仕事をきっちりと終わらせているのなら残業する必要はないのです。

 

しかし、トラブルが発生して、すぐに対応しないと行けない場合は、手伝って残業する必要がありますが、それ以外は、すぐに帰るようにしましょう。

スポンサーリンク