職場 いじめられるタイプ

職場でイジメられているタイプの人ってどんなひと?

スポンサーリンク

会社での人間関係では、かならずといいていいほど、うまくやっていけるひとと、そうでない人がいます。

 

なぜそのような人に分かれてしまうのか、いじめる方もいじめる方ですが、いじめられるタイプの人もある程度自分に原因があるということを知っていきましょう。

 

ここではどんなタイプの人が職場でイジメられているのかを見て行きましょう。

 

<他人との連携がうまくできない>
どの会社でもそこの独特な雰囲気や、暗黙のルールのがあります。それをうまく読み取れない人は、「空気の読めない人」となっていじめられる可能性は高いです。

 

人間付き合いをうまくいかせるためには、周りの人の機嫌を損なうようなことをしてはいけません。自分が常に謙虚な姿勢で、周りと接していかなければなりません。

 

上司は特に上下関係を気にしますので、態度が横柄だったり、返事挨拶ができない人は嫌われますので注意しましょう。

 

 

<仕事ができない>
特にまだ仕事になれていない時期などは仕事ができなくて当然です。しかしやれることがないときはないなりに出来る行動というのがあります。

 

いわゆる「指示待ち人間」が一番良くないのです。何もできることがなければ、「何をしたらいいですか」と積極的に意欲があることをアピールしてください。

スポンサーリンク

指示があるまでなにもせずにつっ立っているだけでは、必ず良い評価もらえませんので、いじめられる可能性が高いです。

 

あと質問するときも、考えてから質問しましょう。「今こういう状況でこうこうなのですが、どうしたらよいですか」とちゃんと考えて行動しているかが大切です。

 

何も考えずに仕事だけもらえると思っていてはダメです。

 

 

<一人でいることが好き>
職場も集団生活なので、他人との協調性がなさすぎる人はいじめられる傾向があります。

 

いじめる側の人間は集団でいじめることがおおいので、協調性のない人に集中攻撃がきます。

 

あまりにもベタベタと媚を売るようなことはしなくてもいいかもしれませんが、ある程度の距離感で交流をすることが、イジメを防ぐ方法です。

 

 

職場の環境で、原因とかも変わってくると思いますが、人間関係で重要なのははじめです。第一印象がすごく重要で、最初にいやな印象を与えてしまいますと、払拭できるまで時間がかかりますので注意しましょう。

 

もし以上のことに心当たりのある人がいましたら改善してみてください。

スポンサーリンク