職場 ストレス 眠れない

ストレスで眠れないと大変なことに!!それを簡単に解決しちゃおう! 

スポンサーリンク

職場でのストレスが、大きすぎて眠れないという人ももしかしたらいるでしょう。ストレスで疲れているのに、疲れを取るはずの睡眠が取れない。

 

そんな状態で仕事に行けばまたストレスが溜まってしまいますよね。

 

そもそもストレスの原因ってどんなものがあるのでしょうか。

 

職種にもよりますが、営業職であれば目標数字を達成しなければならないというストレスがあります。接客業であれば、理不尽な客のクレームなどは非常にストレス溜まりますよね。

 

外部からのストレスだけでなく内部からのストレスもあることでしょう。上司に嫌味を言われたり、残業時間が長すぎたり。常にストレスはついてくるものです。

 

 

ストレスで不眠症になる原因は、ストレスで交感神経が活発化し、常に興奮状態になります。ストレスがかかるということで人間は自分を守ろうとして生命の危機を感じるかのように、いつでも臨戦態勢である状態をつくろうとします。

スポンサーリンク

そういった状態になるので眠くならなくなるのです。眠れないと体力を回復することができないので、仕事もうまく行きません。

 

ストレスは常にかかってくることなので、ストレスをコントロールすることが一番の課題となります。

 

ストレスの原因を解消すると共に、仕事にも活力をつけていきましょう。

 

 

ストレスは誰しも常に感じるものなのに、なぜ病気になったりする人と平気な人が出てくるのでしょうか、これは捉え方や考え方の持ちようで、ポジティブでなにも考えていないような人はストレスを感じる程度が低いです。

 

逆にネガティブでき生真面目な人は何事もストレスが大きく体に影響してきます。

 

ストレスを大きく感じてしまう人は、仕事に対する考え方を工夫していくと良いです。

 

 

<頑張り過ぎないことが一番の解決法>
ストレスを軽減するためには「考え方」を変えることだけです。

 

何事も「気楽に」取り組んでみるのです。

 

力んで仕事をするとそれだけで疲れてしまいますので、ある程度気楽に仕事をすることでより良いパフォーマンスが出せる確率も上がります。

 

たったそれだけのこと?と思ってしまうかもしれませんが、この考え方にすることでストレスが「激減」するので取り組んでみてください。

スポンサーリンク