職場 イジメ うつ

職場のイジメでうつになった人の症状、治療法

スポンサーリンク

職場でのイジメによって追い詰められすぎて、精神的な病に陥ってしまうのがうつ病です。イジメだけではなく、職場の環境であったり、仕事内容がきつかったり、
そして家庭環境も大きく影響してきます。

 

いろいろな要因が重なりうつ病になるケースがほとんどです。

 

うつ病の治療もそうですが、まずうつ病にならないためにうつ病の前兆を早期発見、早期対処していく必要があります。

 

<私生活がだらしなくなった>
うつ病になると現実逃避をしてしまいたくなるため、生活リズムが夜型に傾いてしまいます。よって会社での遅刻や早退、欠勤などがふえてきます。
そして外見にも現れてきます。寝ぐせがあったり、お風呂に入ってなかったりします。

 

<気持ちのコントロールができていない>
いつもより表情が暗くなったり、笑わなくなったり、いつも以上にイライラしてしまったりなど、自分の感情がコントロールできてなかったりすると、うつ病の前兆であると言えます。

スポンサーリンク

<ネガティブになる>
忘れ物をしたり、仕事でのミスが増えたり、して自分への自信をどんどんなくしていきます。こうなってきたら自分一人で抱え込み、どんどん自分の殻に閉じこもってしまいますので注意が必要になってきます。

 

 

自分の殻に閉じこもってしまうと、なかなか抜け出せなくなってきます。何をするにもやる気がでず、仕事にも大きく支障が出てしまいます。

 

一度休んでしまうと職場にはいきにくくなってしまいす。そうなってしまう前に早期発見早期治療が重要になってきます。自分自身が自覚するには限界がありますので、同僚やご家族の方の協力が必要不可欠になります。

 

 

<治療法>
まずは病院にいって診断してもらいましょう。そしてうつ病だった場合は、休職して復職のために、治療していきましょう。まずはストレスの原因から遠ざかることが重要です。
そして心理カウンセリングや対人関係療法で、社会復帰を目指しましょう。ゆっくり焦ることなく、ご家族の協力を得ながら治療していくと良いです。

 

 

やはりうつ病になってからの治療というよりは、いかに前兆を早期発見できるかがカギとなってきますね。一人で抱え込むことなく職場環境をかえたり、誰かに相談したり、いろいろ方法はありますので、早めに対処してみてください。

スポンサーリンク