職場 人間関係 慣れるまで

職場を転職した人や新入社員が、慣れるまでにしておくと良いこととは

スポンサーリンク

転職をした人や、新入社員の人たちが新たな環境で仕事をしていくわけですから、最初はとても緊張するでしょう。
慣れていくまでにどのくらいの時間がかかるかは、本人の心がけと、職場の人や仕事内容によって変わってくると思います
仕事内容はある程度自分で志望している職種だと思いますので、仕事内容は数をこなしていけばおのずと慣れてくるはずです。
一番課題となってくるのが、人間関係といえるでしょう。
いくら仕事ができる人でも人間関係がうまく行かなければ会社にうまく馴染むことができないでしょう。
新たな環境で快適に仕事をしていくために、慣れるまでにしておくことを見て行きましょう。

 

<会社の雰囲気に慣れる>
会社に入ると様々な場面で、空気感のあることが数多く存在します。
例えば、他の社員は就業時間ギリギリに来るのか、何分前に来るのかとか、いろいろな暗黙のルールのようなものがあります。そのことを把握しておくとよいでしょう。

スポンサーリンク

<挨拶>
人間関係に慣れる上でやはり一番いいのはやはり挨拶です。話しかけるのとは違って、自分からの気持ち次第で元気よく挨拶をすることができます。
逆に言えば、挨拶のできない人はその程度の人間だと思われてしまい、周囲からの風当たりは冷たくなるでしょう。

 

<がむしゃらに一生懸命仕事をする>
他の社員のひとはあなたがはじめから仕事ができるとは思っていません。前職の能力を活かした転職であれば別ですが、新しい仕事をするときは、何もかもわからないもの。
とにかく一生懸命な姿勢を相手に見せることが大切なのです。

 

<きちんとお礼をいう>
何かしてもらった時や教えてもらった時などは、すぐに「ありがとうございます」とお礼をいうようにしましょう。一生懸命なあまり忘れてしまってはいけません。
他の社員も自分の仕事があるのです。その時間を割いて教えてくれているので、お礼をいうとまたわからないことがあったときに、快く教えてくれるでしょう。

 

<仕事が終わった時も挨拶をしっかりする>
仕事が終った時も気を抜かず帰るときには元気よく「お疲れ様でした」と言いましょう。そして更に付け加えると良いのが、「今日はありがとうございました。また明日もよろしくお願いします。」
ということができたらあなたはすぐに気に入ってもらえるでしょう。

 

私はいろんな職場で働いた経験があります。かなり有効なのでぜひ試してみてください!

スポンサーリンク