職場 問題点 事例

職場での問題点であるイジメの事例とは

スポンサーリンク

職場内で最大の問題であるというイジメは社員を萎縮させてしまうだけでなく、営業成績にも大きく影響します。会社の人間関係がうまくいかないということは、仕事もうまく行きません。

 

イジメがあるということは会社全体の不利益であると言えますね。なぜそんなにイジメが後を絶たないのか?人間である異常やはり価値観の違いや、合う合わないがありますので、職場でのイジメは現在もこれからも永遠のテーマとなってくるでしょう。

 

 

職場でのイジメ様々なものがあります。セクシャルハラスメント、パワーハラスメント、モラルハラスメントなどいろいろありますが、どんな事例があるのか見て行きましょう。

 

<セクシャルハラスメント>
・言い逃れのできるセクハラ(肘などで胸やおしりをつついてくる)
・何度も飲みに誘われてホテルに連れて行かれそうになる。
・クライアントからセクハラ
・言葉でのセクハラ(子供は作らないの?今日は生理?など)

スポンサーリンク

女性社員にとってセクシャルハラスメントは必ずと言っていいほどついてくる問題なのかもしれません。力的にも男性には敵いませんし、上司から言われているということもあり、言い返せる女性も少ないようです。

 

<パワーハラスメント>
一般的にパワハラといえば、人間性や、尊厳を侵害する言動ですが、上司が職場での権力を背景にして行う場合が多いです。
・人格を否定する発言(目障りだ、給料泥棒など)
・業務の範囲外のことをやらせる(たばこを買いに行かせる、使いっ走り)
・仕事でミスをすると度が過ぎた対応(暴力、罵声をあびせる)

 

<モラルハラスメント>
パワハラと類似しているところがありますが、モラハラは精神的な嫌がらせの事を言います。
・体の特徴やコンプレックスをからかう
・責任を自分一人に浴びせてくる
・職場とは全く関係のない私生活のことを批判する。
・職場で目の敵にし、何をやっても文句をいう。

 

 

職場内での問題点であるイジメは、今後もなくなることはないかもしれません。がしかし、そこで泣き寝入りするのではなく、しっかり自分の意志をもって、対処していくことが重要であると言えますね。
イジメに負けない強い自分になりましょう!!

スポンサーリンク